地方公務員アワード

『地方公務員アワード2021』伊藤 遼平さん (宮代町 子育て支援課 こども笑顔担当)

地方公務員アワード

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』、1人目の受賞者の紹介です。

伊藤 遼平さん (宮代町 子育て支援課 こども笑顔担当)

推薦者:岡元 譲史 (寝屋川市 経営企画部企画四課)

取り組み概要、「すごい!」と思うポイント

スポーツの可能性を信じ、スタジアムがない小さな町をプロスポーツチームの「心のホームタウン」にした男

推薦文

 彼は、スポーツの可能性を信じて、「アスリートに会えない田舎まち一帯を変えたい」と強く願い、プロスポーツチームのコーチから地方公務員に転職した熱い男です。
 私が彼を「すごい!」と感じる点を3つ紹介します。

1.物理的な制約をいいわけにしない
 スタジアムを持つホームタウンをただ羨ましがるのではなく、積極的にプロスポーツチームにアプローチ。選手の「やりがい」や「セカンドキャリア」についても真剣に考えた上での熱意ある提案に、「埼玉上尾メディックス」「埼玉西武ライオンズ・レディース」といったプロチームが賛同。
 こども達がプロスポーツ選手と触れ合うイベントが複数開催され、その後もチームと良好な関係が続いています。物理的なホームタウンになれなくても、「心のホームタウン」にはなれることを証明したと言えるでしょう。

2.他の町のことも真剣に考えている
 そんな彼が現在、挑戦しているのが『スポーツ版こども食堂』。

 「こども食堂が食事を届けるように、スポーツを通じて、こども達に夢や感動を届けたい。スポーツの価値体験と貧困支援を融合させるモデルを宮代町で作って、同規模の小さな町にも活用してもらいたい」

 自分たちの町だけでなく、他の町の子ども達にも夢と感動を届けようとしている。
 そんな男前、応援してまうやろー!

3.「あきらめない心」で夢を手繰り寄せる
 誰もが都合よく自分の望む業務に就けるわけではありません。彼も夢を持ち公務員となったけれど、配属されたのはスポーツとは縁遠い職場。
 それでも決して夢の火種を絶やさず、日々の仕事をこなしながら準備し、周囲にアピールし続けました。その努力が実り、晴れて現在のポジションを獲得。
 希望に胸を膨らませ公務員になったけれど、不本意な状況で苦しんでいる人は、ぜひ彼に出会ってほしい。

 これからも、一緒に夢を見させてもらいます!

審査員のコメント

ポジティブで諦めない行動力に勇気づけられる。スポーツと地域の可能性を見せている。(河尻 和佳子)

スポーツ版子ども食堂の視点が大変おもしろい。また自分の自治体のみならず他地域にも感動を届けようとしている姿勢がとても素敵だと思った。スポーツ以外の成果も知りたいと思った。(吉川 牧人)

元々の仕事を投げ打って、プロスポーツチームを心のホームタウンにしたところが素晴らしい。(寺本 英仁)

異色の公務員!そんな経歴を存分に活かした取り組みを継続し実施しているところが凄い!と思いました。これからもたくさんの子どもに夢と感動を届けてほしいです。(森田 修平)

スポーツ版子ども食堂、ぜひ実際の活動を拝見してみたいと思いました。(生水 裕美)

 

伊藤 遼平さん、受賞おめでとうございます!

『地方公務員アワード2021』全体発表はコチラ

※facebookとTwitterで『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』の更新情報を受け取れます。

 

協賛

電通ブランド・ロゴ
株式会社電通
1979年より毎年、自治体職員を1年間、研修生として受け入れる研修制度「自治体等パブリックセクター年間研修受入制度」を実施。座学、OJT、フィールドワーク等で弊社の社員と共に働き、学び、帰任時には首長に自主提案を行う。観光や広報に限らず、幅広い分野部署で活躍できるプロデューサー人財の育成を目指す。
NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ株式会社
NECグループの社会ソリューション事業をICTで担う中核ソフトウェア会社として、社会やお客様とともに、先進技術とイノベーションで新たな価値を創造し、持続可能な社会を実現します。お客様の課題を解決する従来の業務システム開発/業務PKG提供に加え、共創を通じて社会課題を解決する社会価値創造ソリューションに取組んでいます。
PRTIMES logo
株式会社PR TIMES
「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、生活者をつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を運営し、地方自治体300市区町村を含む5万社超が利用しています。 地域情報を流通させる為の枠組みづくりとして、27都道府県で、地方金融機関、地方メディア、地方自治体と提携をし、各地域事業者の情報発信を支援しています。(情報は2021年5月時点)
LIFULL2019
株式会社LIFULL
不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』のノウハウを生かした全国版空き家バンク『LIFULL HOME’S 空き家バンク』の運営をはじめ、空き家問題を解決できる人材の育成を目的とした『空き家の相談員育成カレッジ』を開講するなど、空き家問題の解決や地域活性のための取り組みを行っている。

メディア協賛

TXDロゴ
株式会社 テレビ東京ダイレクト(都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO)
「テレ東、地域創生やるってよ」を旗印に、自治体向けには情報番組『都会を出て暮らそうよ』、旅番組『ハーフタイムツアーズ』、グルメ番組『虎ノ門市場』を活用したシティプロモーションとコマースを融合させた事業を展開。PRにとどまらず地域経済の活性も狙う地域創生事業を実施しています。
自治体通信アワード掲載ロゴ
自治体通信
『自治体通信』は、イシン株式会社が運営する、経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。全国のすべての都道府県市区町村に合計約28,000部を送付しています。先進自治体の具体的な取り組みをはじめ、自治体経営に役立つ情報をお届けします。
ジチタイワークス
ジチタイワークス
株式会社ホープが毎号7万部を発行する、全国の自治体職員向けの行政マガジン『ジチタイワークス』。地方自治体のさまざまな取り組みや実務レベルにおけるノウハウを共有し、仕事につながるヒントやアイデアを提供。全国の地方自治体の課題解決を強力に後押しする。
voteforlogo
株式会社VOTE FOR
国内のすべての選挙を網羅する「政治山」と、800超の自治体広報紙を掲載する「マイ広報紙」を運営。公職選挙ならびに住民投票等におけるネット投票の実現を推進するとともに、ブロックチェーンなどの新技術を活かした投票システムの構築や運営支援を通じて、ネット投票の普及拡大への貢献を目指す。

後援

一般財団法人 地域活性化センター
一般財団法人 地域活性化センター
当センターは活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、地域活性化のための諸活動の支援・地域振興の推進を寄与することを目的に設立し、地域を応援しています。
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援するために、60人を超える首長が参加。過去4回にわたって「地域に飛び出す公務員アウォード」を主宰。過去の受賞者プレゼンやサミットの内容はこちら
JL-01-Mark-[更新済み]_03
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
Jリーグと全国57のJクラブは地域の人たちをハッピーにしたいと願って活動してきました。ここからは「Jリーグをつかおう!」プロジェクトでより多くの皆さんと手を取り合って一緒に豊かなまちをつくることに挑戦します。

Quintet_logo_1006_fix_4c_v
QUINTET
格闘家・桜庭和志が立ち上げた新スポーツブランド。打撃のない安全な組み技競技のため、老若男女が取り組める生涯スポーツとして全国(全世界)への普及を目指しています。

CODE for JAPAN
一般社団法人 Code for Japan
Code for Japanは街の課題を市民が主体となってテクノロジーで解決することを目指すシビックテック・コミュニティです。
Ridiloverロゴ
一般社団法人リディラバ
「社会の無関心を打破する」をミッションに、社会問題に関するスタディツアーを企画運営。地域住民向けにツアー企画スクールを開催し、外部事業者に頼ることのない、持続的な関係人口の創出に貢献しています。詳細はこちら

▼「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
・地方公務員の活躍を支援する、地方公務員限定のコミュニティです
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です
・HOLGの運用の拡大、取材記事を増やすことなどを目的として利用します

ネイティブアド



TOP