公務員アワード

『地方公務員アワード2019』中村 文彦さん(垂井町教育委員会)

中村 文彦1

(PR)=HOLG.jpが本になりました「なぜ、彼らは『お役所仕事』を変えられたのか?」

『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員2019』、9人目の受賞者の紹介です。
広く理解してもらうには難しいイベントを、限られた予算で企画・実現した情熱が、審査員の「すごい!」を呼び起こしました!

中村 文彦(垂井町教育委員会 生涯学習課 文化会館管理係長)

推薦者 河村 ゆたか(池田町 建設部池田温泉)

取り組み概要、「すごい!」と思うポイント

痛車イベントを町の活性化に結びつけたいという熱い思いをアイデアと人脈作りで実現。静かなる高熱量人

推薦文

 氏は、車で言えばハイブリッド車だ。ここ一番の踏ん張り時、ガソリン燃焼の如く熱くモノ事を進めるのだが、日頃は無音の電気駆動の如く淡々とした物腰で事をこなしている。

 町職員対象の企画提案で氏の「痛車イベント」が採用されたものの、提案者の個人的活動扱いで、活動は勤務時間外に限られ、人的支援もまったく無い上、予算もわずかな費用補助という状況であった。しかし、少しでも多くの人に気軽に参加してもらいたいと参加費無料にこだわったため、いくつかの試練を経験する事になる。

 企画書は、町長向けの「痛車とはなんぞや」という説明に始まり、行政とアニメのコラボによる相乗効果、イベント内容、タイムスケジュール、会場内配置図、宣伝方法、エントリー方法、コンテスト景品や準備品にいたるまで緻密に練られ、14ページの大作となった。

 参加者集めでは、ネットで調べた全国の痛車イベント主催者からアニメ聖地まで約100ヶ所にフライヤー設置を依頼。痛公用車(行政的にはラッピングカー)を持つ市町にも参加依頼を行って、1年目64台、2年目118台の参加となる。

 運営面では、直接各イベントに赴いて手伝いまでしながら精力的に人間関係を作り、ほぼ無償で動いてくれる運営スタッフを得た。これら活動の中では当日の賞品までかき集めるなどアイデアも発揮した。1年目は一人で、街路樹の枝が車に当たらないよう脚立に乗って枝を払い、100mメジャーを釘で地面に打ち付けてラインも引いたが、2年目は、前日の会場設営や広報活動の協力者まで得た。

 参加台数が増えメディアにも出るなか、氏は参加者だけのお祭りイベントとして考えていない。「0から1へ 1からその先へ」というアニメの言葉にたとえ、今は「その先へ」だと語る。垂井町の住民や団体が楽しく関わる垂井町流イベントとして、町の活性化に結びつけていきたいと淡々と語る中には静かながら高熱量を感じる。

審査員のコメント

自ら町長にプレゼンし、イベントを実施した行動力と情熱がすごいです!(井上純子)

理解して貰いづらいものへの挑戦。辛く楽しいものかもしれません。共感! 1票!!(田中弘樹)

普通でも理解が難しい痛車をテーマとして押し通す強さに感動しました(石塚清香)

行政関連に興味なさそうな「オタク」を巻き込めているのステキです(晝田浩一郎)

オリジナルのイベントで、更には万人には理解し難いテーマのイベントを企画し実現。町の活性化につなげるため立ち向かう姿勢が本当に「すごい!」です。中村文彦さん、受賞おめでとうございます!

【地方公務員アワード2019 推薦文の発表スケジュール】
 8月19日(月)
秋田 大介さん阿部 裕彦さん小川 知男さん川那 賀一さん

 8月20日(火)
倉田 麻紀さん佐久間 智之さん瀬戸 勇さん

 8月21日(水)
長井 伸晃さん中村 文彦さん波多野 翼さん

 8月22日(木)
平塚 雅人さん松尾 泰貴さん山口 明大さん

 『地方公務員アワード2019』全体発表はコチラ

※facebookとTwitterで『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019』の更新情報を受け取れます。

 

後援

一般財団法人 地域活性化センター
一般財団法人 地域活性化センター
当センターは活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、地域活性化のための諸活動の支援・地域振興の推進を寄与することを目的に設立し、地域を応援しています。
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援するために、60人を超える首長が参加。過去4回にわたって「地域に飛び出す公務員アウォード」を主宰。過去の受賞者プレゼンやサミットの内容はこちら
CODE for JAPAN
一般社団法人 Code for Japan
Code for Japanは自分たちの街の課題を市民が主体となってITで解決することを目指す非営利団体です。データ活用研修やアプリ開発などの事業も行っています。
リディラバ
一般社団法人リディラバ
「社会の無関心を打破する」をミッションに、社会問題に関するスタディツアーを企画運営。地域住民向けにツアー企画スクールを開催し、外部事業者に頼ることのない、持続的な関係人口の創出に貢献しています。詳細はこちら
JL-01-Mark-[更新済み]_03
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
Jリーグと全国55のJクラブは地域の人たちをハッピーにしたいと願って活動してきました。ここからは「Jリーグをつかおう!」プロジェクトでより多くの皆さんと手を取り合って一緒に豊かなまちをつくることに挑戦します。

協賛

電通ブランド・ロゴ
株式会社電通
1979年より毎年、自治体職員を1年間、研修生として受け入れる研修制度「自治体等パブリックセクター年間研修受入制度」を実施。座学、OJT、フィールドワーク等で弊社の社員と共に働き、学び、帰任時には首長に自主提案を行う。観光や広報に限らず、幅広い分野部署で活躍できるプロデューサー人財の育成を目指す。
NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ株式会社
NECグループの社会ソリューション事業をICTで担う中核ソフトウェア会社として、社会やお客様とともに、先進技術とイノベーションで新たな価値を創造し、持続可能な社会を実現します。お客様の課題を解決する従来の業務システム開発/業務PKG提供に加え、共創を通じて社会課題を解決する社会価値創造ソリューションに取組んでいます。
PRTIMES logo
株式会社PR TIMES
プレスリリース配信サービス「PR TIMES」をはじめとして、企業とメディア、そして生活者をつなぐインターネットサービスを提供。利用企業数は3万社を突破。地域情報を流通させるための枠組みづくりも積極的に開拓しており、地方金融機関9行・2信金、地方メディア1媒体、地方自治体2市と提携している。(情報は2019年5月時点)
LIFULL2019
株式会社LIFULL
不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』のノウハウを生かした全国版空き家バンク『LIFULL HOME’S 空き家バンク』の運営をはじめ、空き家問題を解決できる人材の育成を目的とした『空き家相談の担い手育成講座』を開講するなど、空き家問題の解決や地域活性のための取り組みを行っている。
モリサワロゴ
株式会社モリサワ
自治体から発信する情報を「伝える」から「伝わる」に変えることをサポートしています。人は、情報の80%以上を「目からの情報」で判断します。視覚情報の中でも文字の役割は高く、多様な方に向けた自治体の情報発信では、「UDフォント」が効果を発揮します。「UDフォント」の詳細な情報はコチラ
ジチタイワークス
ジチタイワークス
株式会社ホープが年4回、毎号7万部を発行する、全国の自治体職員向けの行政マガジン『ジチタイワークス』。地方自治体のさまざまな取り組みや実務レベルにおけるノウハウを共有し、仕事につながるヒントやアイデアを提供。全国の地方自治体の課題解決を強力に後押しする。
voteforlogo
株式会社VOTE FOR
国内のすべての選挙を網羅する「政治山」と、700超の自治体広報紙を掲載する「マイ広報紙」を運営。公職選挙ならびに住民投票等におけるネット投票の実現を推進するとともに、ブロックチェーンなどの新技術を活かした投票システムの構築や運営支援を通じて、ネット投票の普及拡大への貢献を目指す。

▼「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
・地方公務員の活躍を支援する、地方公務員限定のコミュニティです
・時間、場所、費用にとらわれず、月に2回活躍する地方公務員や首長、著名人のお話を聞くことができます
・地方公務員が大手メディアに寄稿することが可能となります

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です
・HOLGの運用の拡大、取材記事を増やすことなどを目的として利用します

ネイティブアド



TOP