公務員アワード

『地方公務員アワード2019』小川 知男さん(兵庫県福崎町役場)

小川 知男1

(PR)=HOLG.jpが本になりました「なぜ、彼らは『お役所仕事』を変えられたのか?」

『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員2019』、3人目の受賞者の紹介です。オリジナルのアイデアでアマゾンのベストセラー1位を獲得、その後の展開も着実に観光客を増やすという結果を残し、特別協賛社賞である「ジチタイワークス賞」とのW受賞です。

小川 知男さん(兵庫県福崎町役場 地域振興課 課長補佐)

推薦者①:[連名]森 友和、平石 芽已、中井 祐甫、本城 里奈(福崎町役場)

取り組み概要、「すごい!」と思うポイント

独自の趣味を生かした、斜め上の「妖怪と造形のまちおこし」で、町を訪れる観光客を3年で倍にした!

推薦文

 妖怪を研究した民俗学者、柳田國男の生誕地である兵庫県福崎町役場で働く小川知男さん。業務のかたわら、個人的な趣味で造形を嗜み、変わった人形を造っていましたが、2013年、当時の町長から、「1日に10人ほどしか訪れない辻川山公園に観光客を呼べ」と命じられました。

 当時は“ゆるキャラ”ブームの真っ最中。ですが小川さんは「同じようなものを作って誰が見つけてくれるんだ」と、独断で公園内の池の中から飛び出すめちゃくちゃ気持ち悪い河童の像を造りました。役場の上層部は「税金だぞ!」とカンカンでしたが、小川さんは「絶対に人が来るから心配いりません」と動じませんでした。小川さんの予想は的中しました。地元の新聞で河童像が紹介されると、次の日から、公園の池には多くの人が訪れるようになったのです。その後も、町特産のもち麦入りのどら焼きを食べながら小屋から飛び出す天狗像を設置し、「全国妖怪造形コンテスト」を開催するなど、次々と独創的な取り組みを打ち出しました。ある時は、河童を見に来た人のお土産がないと、プラモデルの原型を制作。国の補助金を活用して量産すると、発売後5日で売り切れ、アマゾンのベストセラー1位、模型店サイトのランキングでは数週間連続1位に輝きました。

 現在は、さびれていく商店街を活気づけようと、町内の小売店などにリアルな妖怪と写真が撮れる妖怪ベンチを設置し、増やしています。インスタ映えする妖怪ベンチは人気で、ベンチ設置店舗では売り上げが平均2割アップしました。さらに、リアルで気持ち悪い河童の着ぐるみを製作し、YouTubeの観光協会のチャンネルで動画を公開しています。これらの取り組みで、町を訪れる観光客は、わずか3年で倍になりました。キー局の番組や全国紙を含めたメディアへの出演は230本に上ります。固定観念にとらわれず「面白いものは面白い」と斜め上の発想で町に勢いをつけた小川さんを推薦します。

推薦者②:松田 清彦(兵庫県神崎郡福崎町 地域振興課)

取り組み概要、「すごい!」と思うポイント

地域のお宝を発掘し、磨きあげることで地方創生に取り組むスーパー公務員

推薦文

 兵庫県福崎町は、民俗学の父「柳田國男」の生誕の地であるものの、これといった観光拠点もなく観光客入込数が県下ワースト3位という不名誉な状況が続いていました。
 そのような中、当町でも観光に力を注ごうと地域振興課が創設されました。課の創設と同時に観光係長として配属されたのが、このたび推薦するスーパー公務員こと小川知男氏です。
 彼は、趣味であった造形の才能を活かし、柳田國男生家等が立地する辻川山公園内の池からリアルでおどおどしい河童が飛び出す仕掛けを考え、公園を新たな観光拠点として観光客の誘客ができる施設に変貌させていきました。

 飽きられることなく観光客を増やし続けるため、柳田の著書に因んだ妖怪をテーマに「全国妖怪造形コンテスト」を企画。最優秀作品の妖怪を大型化し公園内に設置するほか、動く逆さ天狗等の仕掛けで、24万8千人余りであった観光客入込数をわずか3年間で40万人を突破させています。

 さらに、地域の消費拡大に着目し、町内店舗の店頭に妖怪ベンチを設置しました。観光客にベンチマップを手に歩いてもらい、SNS等で発信していただくことで、町や店舗の紹介、加えて店舗には商品開発等をしていただき売上額向上にも繋がっています。彼の才能は、観光拠点整備だけにとどまらず、自治体初の妖怪プラモデルの原型製作や観光PR動画のプロデュースなど様々な能力を発揮し、メディア報道で福崎町の知名度向上にも大いに貢献しています。

 今後は、JR福崎駅前にも河童が出現するという新たなストーリーを実現させるとともに、更なる妖怪ベンチ設置に向けた企画にも取り組んでいます。
 地域活性化策として、町の宝である「福崎町で生まれた柳田國男」の著書に因んだ妖怪をストーリー化させ次々と展開を図っていくことは、まさに地方創生としての取り組みに合致していると考え、精力的に事業を進める発想力と行動力には目を見張るものがあります。

推薦者③:阿部 裕彦(加西市役所 きてみて住んで課)

取り組み概要、「すごい!」と思うポイント

エッジの効いた観光事業で観光客数を倍増(42万人)させた。メディア登場も脅威の231回を達成した。

推薦文

 福崎町役場の小川知男さんをスーパー公務員として推薦します。

 私と彼とは中学生時代からの同級生で、学生時代から自分の信じた道を究める抜群の探求心と物怖じしない行動力に驚かされていましたが、地方公務員という同じ仕事に就き、彼の才能が観光産業活性化という政策で開花したことに驚きと納得とビックリスペクトです。 

 兵庫県の福崎町は、民俗学の大家である柳田國男生誕の町として、文学書にある妖怪をモチーフにしてゆるキャラなどを制作し、観光事業を展開していましたが、小川さんは、地域の河童伝説に着目し、造形と結び付けた新たなキャラクター「河童のガジロー」を制作して地域資源のリノベーションキャラによる振興策を実施しました。
 さらに、ニッチでユニークな情報発信イベントを仕掛け、コアなファン層の取り込みによる情報拡散を図りました。
 このサイクルを数年繰り返して、ご当地キャラを軸に関連イベントを通じて全国へ福崎町のファンを拡大しています。

 特に素晴らしい事は、コンサルなどに任せず、すべて自力で実現した事です。
 また、相乗効果として、数年で倍増し、今も増え続ける観光客をターゲットに関連グッズ開発や妖怪ベンチといった地域店舗を巻き込んだ観光客の取り組み策など、地域を巻き込んだ活動が目を見張ります。
 地方公務員は、数年で配属部所を異動する事もあるため、就任1年で全国的なキャラとイベントを実施し、関連グッズや観光客倍増など、可視化できる実績を上げたことは類を見ないため彼を推進します。

審査員のコメント

個人の趣味を公務に活かしつつエッジの効いた企画に仕上げた点が評価できます。その後の展開力も効果的です。(領家誠)

国の補助金を使って「6日間で売り切れるアマゾンベストセラー1位」は、驚異的です。(岡元譲史)

住んでいる町の特性や可能性を理解して実行し、反響をさらに活用していくぶれない戦略により、観光客を増加させた実績がすごいです!(井上純子)

この取り組みを進めた裏には、勇気とものすごい情熱を感じました。凄いです。(田中弘樹)

固定観念を打破するアイデアと実行力が素晴らしいです。専門家に頼らないと観光での地域活性化は困難だといわれる中、気持ち悪い河童の像から始まる快進撃。おもしろいものはおもしろい。その通りだと思います。(大垣弥生)

「絶対に人が来るから心配いりません」と言い切る姿勢に惚れます。(石塚清香)

柳田邦男の地域色とストーリがある巻き込みステキです。(晝田浩一郎)

特別協賛社賞-ジチタイワークス賞

lifulllogo2018
ジチタイワークス賞 受賞理由:
外部に依存せず、地域資源を生かしながら結果を出した点が素晴らしい。自分たちで取り組んでいるからこそ、自分たちで自走できる、継続性のある事業である点も評価できます。

今回多くの同僚からの推薦により受賞されました。メディアを上手に活用し、町のシンボルであった「柳田國男」と絡ませながら展開させていくことで「福崎町」の個性を作り出したところが本当に「すごい!」です。小川 知男さん、おめでとうございます!

【地方公務員アワード2019 推薦文の発表スケジュール】
 8月19日(月)
秋田 大介さん阿部 裕彦さん小川 知男さん川那 賀一さん

 8月20日(火)
倉田 麻紀さん佐久間 智之さん瀬戸 勇さん

 8月21日(水)
長井 伸晃さん中村 文彦さん波多野 翼さん

 8月22日(木)
平塚 雅人さん松尾 泰貴さん山口 明大さん

 『地方公務員アワード2019』全体発表はコチラ

※facebookとTwitterで『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019』の更新情報を受け取れます。

 

後援

一般財団法人 地域活性化センター
一般財団法人 地域活性化センター
当センターは活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、地域活性化のための諸活動の支援・地域振興の推進を寄与することを目的に設立し、地域を応援しています。
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援する首長連合
地域に飛び出す公務員を応援するために、60人を超える首長が参加。過去4回にわたって「地域に飛び出す公務員アウォード」を主宰。過去の受賞者プレゼンやサミットの内容はこちら
CODE for JAPAN
一般社団法人 Code for Japan
Code for Japanは自分たちの街の課題を市民が主体となってITで解決することを目指す非営利団体です。データ活用研修やアプリ開発などの事業も行っています。
リディラバ
一般社団法人リディラバ
「社会の無関心を打破する」をミッションに、社会問題に関するスタディツアーを企画運営。地域住民向けにツアー企画スクールを開催し、外部事業者に頼ることのない、持続的な関係人口の創出に貢献しています。詳細はこちら
JL-01-Mark-[更新済み]_03
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
Jリーグと全国55のJクラブは地域の人たちをハッピーにしたいと願って活動してきました。ここからは「Jリーグをつかおう!」プロジェクトでより多くの皆さんと手を取り合って一緒に豊かなまちをつくることに挑戦します。

協賛

電通ブランド・ロゴ
株式会社電通
1979年より毎年、自治体職員を1年間、研修生として受け入れる研修制度「自治体等パブリックセクター年間研修受入制度」を実施。座学、OJT、フィールドワーク等で弊社の社員と共に働き、学び、帰任時には首長に自主提案を行う。観光や広報に限らず、幅広い分野部署で活躍できるプロデューサー人財の育成を目指す。
NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ株式会社
NECグループの社会ソリューション事業をICTで担う中核ソフトウェア会社として、社会やお客様とともに、先進技術とイノベーションで新たな価値を創造し、持続可能な社会を実現します。お客様の課題を解決する従来の業務システム開発/業務PKG提供に加え、共創を通じて社会課題を解決する社会価値創造ソリューションに取組んでいます。
PRTIMES logo
株式会社PR TIMES
プレスリリース配信サービス「PR TIMES」をはじめとして、企業とメディア、そして生活者をつなぐインターネットサービスを提供。利用企業数は3万社を突破。地域情報を流通させるための枠組みづくりも積極的に開拓しており、地方金融機関9行・2信金、地方メディア1媒体、地方自治体2市と提携している。(情報は2019年5月時点)
LIFULL2019
株式会社LIFULL
不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』のノウハウを生かした全国版空き家バンク『LIFULL HOME’S 空き家バンク』の運営をはじめ、空き家問題を解決できる人材の育成を目的とした『空き家相談の担い手育成講座』を開講するなど、空き家問題の解決や地域活性のための取り組みを行っている。
モリサワロゴ
株式会社モリサワ
自治体から発信する情報を「伝える」から「伝わる」に変えることをサポートしています。人は、情報の80%以上を「目からの情報」で判断します。視覚情報の中でも文字の役割は高く、多様な方に向けた自治体の情報発信では、「UDフォント」が効果を発揮します。「UDフォント」の詳細な情報はコチラ
ジチタイワークス
ジチタイワークス
株式会社ホープが年4回、毎号7万部を発行する、全国の自治体職員向けの行政マガジン『ジチタイワークス』。地方自治体のさまざまな取り組みや実務レベルにおけるノウハウを共有し、仕事につながるヒントやアイデアを提供。全国の地方自治体の課題解決を強力に後押しする。
voteforlogo
株式会社VOTE FOR
国内のすべての選挙を網羅する「政治山」と、700超の自治体広報紙を掲載する「マイ広報紙」を運営。公職選挙ならびに住民投票等におけるネット投票の実現を推進するとともに、ブロックチェーンなどの新技術を活かした投票システムの構築や運営支援を通じて、ネット投票の普及拡大への貢献を目指す。

▼「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
・地方公務員の活躍を支援する、地方公務員限定のコミュニティです
・時間、場所、費用にとらわれず、月に2回活躍する地方公務員や首長、著名人のお話を聞くことができます
・地方公務員が大手メディアに寄稿することが可能となります

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です
・HOLGの運用の拡大、取材記事を増やすことなどを目的として利用します

ネイティブアド



TOP