(PR) 学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

事例を知る

コラム

コラム 事例を知る 産業振興

スタートアップ部長が行く! 第2話「狭くて敷居が低いまち・福岡」【今村寛】

2017/3/2    

 企業誘致やスタートアップ支援をやっていて、福岡のまちの魅力としてよく耳にするのが「敷居の低さ」。  人口155万人を擁する国内第五の都市としての地位を確立しながら、東京や大阪といった大都市に比べると ...

コラム

コラム 事例を知る 情報システム

過疎地から見た電子行政【高倉万記子】

2017/2/21    

 世帯状況、所得、保有自動車、土地家屋、水道使用量…自治体は住民の様々なデータを持っている。昭和の時代から紙で持っていた情報は電子化されていき、手書きはワープロヘ、計算はそろばんからコンピュータがやっ ...

事例を知る 人を知る 広報

【鹿屋市 半田あかり氏:第5話】一緒にツッコまれて、一緒にズッコケたい

2017/2/10    

『市長になるつもり』という噂 加藤:今後はこれをしていきたいというのはありますか? 半田氏:解体しましょうか?次はヒラマサでも(笑)。 福井氏:もう十分やってもらえているので、あまり無理せずにやっても ...

半田あかり5

事例を知る 人を知る 広報

【鹿屋市 半田あかり氏:第4話】葬式かよっ!

2017/2/9    

悪いところを見た上でも、町に愛情を持てた 加藤:今、四月からですね、大体10ヶ月くらいですか。そうすると愛着みたいなものが段々と沸いてきているのでしょうか。 半田氏:そうですね。初めに良いところばかり ...

半田あかり5

事例を知る 人を知る 広報

【鹿屋市 半田あかり氏:第3話】町の雰囲気を変えた

2017/2/8    

町の雰囲気を変えた 加藤:活動の仕方は大阪の時と変わったのでしょうか。 半田氏:もう分かりやすく変わりました。大阪ではコンビの方がメインだったので、相方とどつき漫才をしていました。相方を客席に放り投げ ...

半田あかり 福井逸人

事例を知る 人を知る 広報

【鹿屋市 半田あかり氏:第2話】カンパチの解体を、朝4時から8時まで練習してから出勤

2017/2/7    

10ヶ月間で、テレビ26本、ラジオは17本に出演 加藤:実際に、「かのやオフィシャルレポーター」として活動をして、どういう成果がありましたか? 半田氏:2016年の4月から着任して、10ヶ月間で、テレ ...

半田あかり1

事例を知る 人を知る 広報

【鹿屋市 半田あかり氏:第1話】松竹芸能の実験として鹿屋へやって来た『地域おこし協力隊員』

2017/2/6    

【半田あかり氏の経歴】 松竹芸能所属のお笑い芸人。1984年生まれ。大阪出身。お笑い芸人として、NHKの番組でレギュラーを務めるなど活躍。地域おこし協力隊の制度により、2016年4月に鹿児島県鹿屋市役 ...

コラム

コラム 事例を知る 産業振興

スタートアップ部長が行く! 第1話「金庫番からの転身」【今村寛】

2017/2/2    

「福岡市経済観光文化局創業・立地推進部長」  これが私の肩書きである。  起業・創業の支援、企業誘致、新産業の振興、産学連携を担当する、福岡市役所きっての花形ポストに私が着任したのは2016年4月。 ...

事例を知る 勉強資料 財政

資料:和光市の公会計制度について~新公会計対応の新機軸「予算仕訳」~【和光市 山本享兵氏】

2017/1/27    

公会計の先進的な事例を進めた和光市の取組に関する資料。 システム改修などの費用負担を必要とせず、公会計の対応を進めていった。 公会計制度の対応に有用なポイントが実務レベルで細かく凝縮されている。 ※最 ...

事例を知る 人を知る 財政

【和光市 山本享兵氏】公認会計士が自治体職員として成果を上げるということ

2017/1/27    

【山本享兵氏の経歴】 2015年10月から、埼玉県和光市役所企画部財政課副主幹として3年間の特定任期付職員として勤務。大学卒業後、公認会計士試験に合格した後、2005年から有限責任監査法人トーマツにて ...

© 2020 Heroes of Local Government , All Rights Reserved.