オリジナル記事

【公務員におすすめのイベント】四條畷市長と副市長に訊く-「日本一前向きな市役所」になるための「組織改革」とは

四條畷市長と副市長

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

10月9日開催のオンラインセミナーの内容は?

 本日は10月9日に開催される四條畷市長と副市長に登壇していただくオンラインセミナーを紹介いたします。
 なお、市長と副市長が同時に登壇するのは初だそうです!(最初で最後かも?)

 四條畷市の組織経営は非常に興味深く、以前、東修平氏(四條畷市長)には単独セミナーで『自治体職員に求めるもの・期待するもの』をテーマに、わかりやすく非常に為になるお話をしていただきました。
(その時の様子はこちらよりご覧ください)
 また、過去に2回ほど東修平氏のインタビューもしております。こちらもぜひご覧ください。
四條畷市長 東修平氏 インタビュー
四條畷市長 東修平氏の市長選挙

 今回は、東修平市長と公募で選ばれた林有理副市長にご登壇いただき、役割分担から意思決定フロー、人事戦略など「日本一に前向きな市役所」を目指す組織改革について語っていただきます。

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。

https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

開催概要

開催日:10月9日(金) 21:00〜22:30
開催方法:オンライン
※参加には「地方公務員オンラインサロン」への参加が必須となっております。
登壇者:
・東修平氏(四條畷市長)
東市長

外務省、野村総研インドを経て、2017年1月から大阪府四條畷市長に就任。その後、公約であった副市長の全国公募を実行し、0歳児を持つ女性副市長とともに、公民連携による施策を多数展開。11年ぶりの人口増加を達成。日本一前向きな市役所を目指し、(一社)at Will Work主催の WORK STORY AWARDで2019年、審査員特別賞を受賞。

・林有理氏(副市長)
副市長

1980年、大阪府島本町生まれ。
元リクルート/スーモマガジン編集長。退職後、リノベーションまちづくり分野で推進協議会事務局や事例紹介サイトの立ち上げ、講師や研究活動に従事。
平成29年10月1日、四條畷市と民間サービス会社が連携して実施した全国公募により、四條畷市初の女性副市長に就任。2歳の娘の子育てに奮闘しながら、働き方改革を柱とした前例主義に縛られない「日本一前向きな市役所」をめざし、組織改革に取り組む。日経ウーマンオブザイヤー2020受賞。

 今回ご紹介したオンラインセミナーは飲食自由で気軽に参加していただけます。また時間が合わなかったとしても、録画された動画がオンラインサロン内に保存されていますので、後ほどじっくり見ていただくことも可能です。
 話を聞いてみたくてもなかなか会えないあの人や、ちょっと興味のあったテーマなど、『費用』『時間』『場所』を気にせず参加していただける内容となっております!ぜひご参加ください。

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みはコチラから。

https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP