セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】講演-鈴木文彦さん(大和総研 主任研究員) 自治体業務に活かす!プロフェッショナルの分析力を学ぶ

鈴木文彦さん

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は3月23日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。

 EBPMみたいな話が有りますが、データを使った分析や検証が高いレベルで実現するのはなかなか難しいですよね。民間企業でも多くの会社は、そこまで出来ていないように思います。
  「業務フローなどを含めた、深い分析」「分析からの深い意味付け」「価値の算定が難しいものを評価する」、このあたりが出来るようになると、きっと仕事に役立ちますよね。
 今回は高いクオリティで自治体について分析する大和総研の鈴木文彦さんに分析のコツを学びたいと思います。

<鈴木さんの記事例>
①自治体財政 改善のヒント第49回
コストを削減できる性能発注 エンドユーザーに近いほど効果大
②自治体財政 改善のヒント第32回
リスク分担でみたPFI/PPP成功の条件 民間が基本計画に関与を

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。 ▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

鈴木文彦(すずきふみひこ)さん

大和総研 主任研究員
経済の自立なくして財政の自立なし。経済と財政の持続可能性の確保のため、まずは生産性の向上、とくに地方の「稼ぐ力」を奮い起こすことが求められています。官民連携(PPP/PFI)による施設整備、観光振興、農業再生、外需ビジネスの育成から起業活動の促進までアプローチの方法はさまざまありますが、これら活性化策の土台には、環境変化に適応し自立的に成長する地域経済の生態系(エコシステム)があることも忘れてはなりません。所得向上に狙いを定めた地方創生の旗の下、地域活性化の各論のみならず、イノベーションを促す地域連携のあり方や地域金融機関の役割について研究を深め、広く世の中に成果を還元したいと思います。

当日のプログラム

時間 内容
21:00~22:00 講演-自治体業務に活かす!プロフェッショナルの分析力を学ぶ
22:00~22:30 交流会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2021年3月23日(火) 21:00~22:30
場所:オンライン(Zoom利用) 参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。 ▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP