セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】講演- 田中 寛純さん(AmbiRise代表取締役/元札幌市)「システム調達の進め方と知っておくべきコト」

田中寛純

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は1月21日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。
 システム調達は高度かつ広範囲なプロジェクトマネジメントが求められますが、特に入札制度など、行政特有の難しさがあります。また、システムの知識は情シスに任せておけばよいという時代ではなくなっているので、現課の方であっても知識が必要とされるようになりました。
 そこで、札幌市役所の情報システム担当を経て起業された株式会社AmbiRiseの田中寛純さんに、システム調達のいろはを教えていただきます。
 田中さんは「テクノロジー×ビジネスで行政の『あたりまえ』をアップデートする」と掲げています。提供サービスである、行政あて請求プラットフォーム「Haratte」は、横須賀市と実証実験をしていたり、多くのビジネスイベントに入賞していたりなど着実に広がっています。交流会ではそんなお話も聞いてみたいですね!

株式会社AmbiRiseウェブサイト:https://ambirise.jp/

<当日お聞きすること>
・システム要件定義の進め方
・仕様書作成のポイント
・システム調達の進め方、評価基準の作り方
・ベンダーロックインを避ける方法
・マルチベンダーのプロジェクトマネジメント
・大規模(数億円~100億円規模)のシステム開発・再構築
など

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

田中 寛純さん(AmbiRise代表取締役/元札幌市)

1978年北海道余市町生まれ。北海学園大学経済学部卒業後、2002年札幌市役所に入庁。
情報システム部門で住民記録や税といった札幌市基幹系システムの再構築に関わり、コアメンバーとして総額約150億円規模の再構築事業の計画策定やプロジェクトの全体管理を担当。
その後も広報部門で自治体コールセンターの運用や会計部門で区役所会計業務の集約などBPR前提の財務会計システム再構築を担当するなど、自治体の情報・IT活用の推進に関わる。
自らの経験の中で、今後の行政のデジタル化にはビジネスサイドからのアプローチも必要と考え、20年3月に18年間勤めた札幌市役所を退職。
同年5月に行政のDXやGovTechに取組むスタートアップ企業として株式会社AmbiRiseを設立。

当日のプログラム

時間 内容
21:00~22:00 講演パート
22:00~22:30 個別相談会、その後、交流会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2022年1月21日(金)21:00〜22:30
場所:オンライン(Zoom利用)
参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP