セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】講演-稲垣友仁さん「自分と組織が心理的安全性を確保するために必要なステップとは」

稲垣 友仁さん

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は4月12日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。

 「心理的安全性」は地方公務員オンラインサロンの中でも多く出てくるワードですが、本セミナーでは心理的安全性を深掘りし、個人や組織がどのように心理的安全性を確保できるのかそのステップをみっちり2時間学びます。
 自分を守るためにも、同僚を守るためにも、部下・上司を守るために是非是非ご参加頂けたらと思っております!

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。

https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

稲垣 友仁(いながき ともひと)さん

1969年生まれ。三重県出身。
国際コーチ連盟(ICF)認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
▼資格
国際コーチ連盟(ICF)認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
日本コーチ協会東海チャプタ-代表(2005年・2006年度)
NHK名古屋文化センターコーチング講座講師(2006年~2009年)
教員免許:高等学校一種(保健体育)、中学校一種(保健体育)、小学校一種
金沢大学教育学部卒業後、三重県公立中学校教諭、小学校教諭を経て、三重県教育委員会へ出向。その後、14年間勤めた公務員を退職し、教職公務員からプロコーチへの転職第1号となる。

日本にコーチングが導入されたコーチング元年(97年)からコーチングを導入し、問題児の個性を活かして才能を開花させる奇跡のコーチング手法で、これまでに500人以上の子ども・親に対してコーチングを行ってきた。教育現場を熟知した本格コーチとしては、国内随一の実績を誇る。
現在では、各都道府県教育委員会・行政機関・各教育現場に対してコーチングの講演・導入アドバイザーとしても活動中。講演・プロデュース数は年に100本を越え、10,000人以上の教育者・学生達に対してコーチングを伝えている。
中学校教諭時は、サッカー三重県代表U-14のコーチも務める。
2007年・2008年三重県教育委員会「教育コーチング推進アドバイザー」
国立宇都宮大学大学院工学研究科「共創コーチングアドバイザー」
著書に、「3年目の壁の乗り越え方」Amazon Kindle版がある。

当日のプログラム

時間 内容
21:00~23:00 講演ー自分と組織が心理的安全性を確保するために必要なステップとは
23:00~23:30 交流会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2021年4月12日(月) 21:00〜23:30
場所:オンライン(Zoom利用) 参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。

https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP