セミナー・イベント

【電通共催セミナー】「議会改革度No1になるために行ったこと」 岩﨑 弘宜さん(取手市 議会事務局 次長)

岩﨑弘宜

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 11月24日(水)19時30分より、「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」と「地方公務員オンラインサロン」が、ウェブセミナーを共催します。

 毎年電通が開催していた「ホームカミングデー」を、コロナ禍においてアップデート。株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン」と「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」が連携し、日本全国から参加可能なウェブセミナーとして開催することになりました。

第5回「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」×「地方公務員オンラインサロン」共催セミナーの概要

開催者:株式会社電通/株式会社ホルグ(共催)
演題 :「議会改革度No1になるために行ったこと」
日時 :2021年11月24日(水)19:30~21:30
場所 :オンライン(ZOOM利用)
プログラム(予定):

19:30〜 講演- 「議会改革度No1になるために行ったこと」 
20:50~ 電通関係者、地方公務員オンラインサロン参加者の懇親会
21:30~ 閉会

講師のご紹介

岩﨑 弘宜(イワサキ ヒロマサ)さん

経歴

 茨城県立取手松陽高校普通科卒業(平成4年3月)。ラグビー部で猛進。
 北相馬郡藤代町役場入庁(平成4年)。議会事務局に配属され、平成17年3月の取手市との合併時も引き続き議会事務局。
 平成23年4月に広報広聴課広聴係係長に人生初異動。
 平成25年4月に係が「市民相談室」に格上げで室長昇格拝命。
 平成27年4月、議会事務局へ異動。現在は議会事務局次長。現在に至る。(議会事務局職員通算26年目)

好きな言葉

 負けて笑って、勝って泣け

執筆寄稿

 ・(株)ぎょうせい「ガバナンス」「自治体法務研究」
 ・第一法規(株)「66の改革項目と事例でつかむ議会改革実践マニュアル」
など

講演等活動

 ・茨城県稲敷郡阿見町議会議会改革度バイザー(令和3年4月~)
 ・茨城県立藤代紫水高等学校探求授業(令和3年度)
 ・ローカル・マニュフェスト推進連盟主催「地方議会研修会」
 ・第一法規(株)主催 議会事務局職員セミナー
 ・6時の公共主催 地方議会ミニレクチャー
 ・長崎県長崎市職員はじめ地方公共団体職員及び議員研修
 ・山形県市議会議長会や埼玉県幸手市、千葉県白井市、神奈川県茅ヶ崎市、茨城県内近隣市議会の議員研修会
 ・いばらきハイスクール議会2019コーディネーター&ファシリテーター
 ・若手市議会議員の会研修会を幾度も
 など、取手市議会の議員と議会事務局職員が一体となった取り組みや、職員の仕事のモチベーション向上、対話手法のコーディネート等を実施。
 その他、年間20自治体を超える取手市議会への視察研修訪問の対応。最近はオンライン講師を務めさせていただいています。

その他

・議会改革度ランキング2020において、取手市議会、総合全国第1位。
・上記取り組みをはじめ、取手市議会内における議論、対話手法のファシリテーター役を務め、2017、2018マニフェスト大賞において優秀成果賞を2年連続受賞。
・2020年にはマニフェスト大賞において優秀マニフェスト推進賞と審査委員会特別賞のW受賞。さらにプレゼン研修大会では2017年はピンで参加し銅賞(第3位)、2018年は当時の議会事務局長とコンビで参加し銀賞(第2位)、そして2020年は局長補佐とのコンビで第1位をいただく。
今年は2年連続となる「マニフェスト推進賞議会部門」を取手市議会・同議会事務局で受賞。

▼地方公務員アワード2021 岩﨑 弘宜さんの推薦文はこちら
https://www.holg.jp/award/2021-04/

参加資格

 株式会社電通関係者、電通コミュニケーション・プロデューサー塾研修生および研修OBOG等。もしくは、株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること。

「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」とは

 電通が主宰する、自治体等パブリックセクター職員を1年間受け入れる研修プログラム。1979年から43年目を迎え、400人以上の卒業生たちが全国各地で活躍。 次代を担う自治体等パブリックセクター職員を研修生として受け入れ、電通の知見を提供し、仕事の進め方を体感することができるため、幅広い分野でプロデューサーとして活躍できる人材へ成長を促す。 パブリックセクターの若手人材の育成を応援することを通じて、地域活性化等、社会に資することを目指し、電通の社会貢献活動の一環として実施。

電通CP塾 参考資料

「地方公務員オンラインサロン」とは

 2019年1月にオープンした地方公務員限定の有料コミュニティ。活躍する首長、公務員、ならびに、経営者、学者、研究者、スポーツ選手などのオンラインセミナーが月4回以上開催。セミナー後に登壇者か会員同士で交流することも可能。現在、370名以上の地方公務員が参加、会費は1,800円/月。

地方公務員オンラインサロンのイベント予定

・【10月21日(木) 21:00〜22:30】講演/ディスカッション-新井 佑/武井 浩三/藤井 宏一郎
「都市部で地域コミュニティを創る民間人は何を行い、何を感じたのか」
・【11月5日(金) 21:00〜23:00】講演-碇 邦生さん(大分大学経済学部講師)
「イケてる人事は、人事部がいらない」
・【11月10日(水) 21:00〜22:30】講演-先崎彰容さん(日本大学教授)
「バッシングの論理と心理―公務員バッシングにどう向き合うべきか」

▼地方公務員オンラインサロンの詳細・お申込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP