セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】〔電通共催企画〕講演-福本 靖さん(神戸市立桃山台中学校 校長)PTA改革のトリセツ~住民と建設的な関係を作るには

福本 靖さん1

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は2月19日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。

 毎年電通が開催し、全国から塾生OB(地方公務員、その他パブリックセクター職員等)が参加する夏期公開講座を、コロナ禍においてアップデート。「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」が「地方公務員オンラインサロン」と連携し、日本全国から参加可能なウェブセミナーを開催します。

 福本さんは神戸市から3人目となる地方公務員アワードの受賞者です。(詳細はコチラ
 住民と建設的に付き合うスキルがますます求められる中、福本さんにどのように進めたのかお聞きできればと思っております。

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。 ▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

福本靖さんの経歴

神戸市立桃山台中学校校長。神戸市内公立中学校3校の勤務を経て、2008年より教頭、教育委員会事務局指導主事、校長を歴任。前任校の神戸市立本多聞中学校でのPTA改革、学力向上、ICT教育などの斬新な取り組みが多方面から注目を集めている。地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2020受賞。

当日のプログラム

時間 内容
19:30~20:30 講演-福本 靖(神戸市立桃山台中学校 校長)
PTA改革のトリセツ~住民と建設的な関係を作るには
20:30~21:10 オンライン懇親会

開催概要

開催者:株式会社電通/株式会社ホルグ(共催)
テーマ:PTA改革のトリセツ~住民と建設的な関係を作るには
日時:2021年2月19日(金) 19:30~21:30 
場所:オンライン(ZOOM利用)
参加資格:電通 コミュニケーション・プロデューサー塾研修生および研修OBOG、もしくは、株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

▼「電通コミュニケーション・プロデューサー塾」とは
電通が主宰する、自治体等パブリックセクター職員を1年間受け入れる研修プログラム。
1979年から42年目を迎え、400人近い卒業生たちが全国各地で活躍。
次代を担う自治体等パブリックセクター職員を研修生として受け入れ、電通の知見を提供し、仕事の進め方を体感することができるため、幅広い分野でプロデューサーとして活躍できる人材へ成長を促す。
パブリックセクターの若手人材の育成を応援することを通じて、地域活性化等、社会に資することを目指し、電通の社会貢献活動の一環として実施。

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。 ▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP