オリジナル記事

【公務員におすすめのイベント】日本GRサミット2020「GRとデジタル化社会 〜進むDX。官民連携2.0の夜明け 〜」がオンライン開催されます

日本GRサミット2020「GRとデジタル化社会 〜進むDX。官民連携2.0の夜明け 〜」

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

(文= 一般社団法人 日本GR協会 事務局長・加藤たけし)

良質で戦略的な官民連携の手法を学びたい公務員におすすめ

地域課題解決のための良質で戦略的な官民連携の手法であるGR(ガバメント・リレーションズ)の必要性を広め、事例を学び、プレーヤーが繋がる場を作るために設立された一般社団法人 日本GR協会

全国青年市長会と連携し、先進的な官民連携に取り組んでいる全国の若手市長の皆さまを登壇者に迎えて毎月GR勉強会を開催してきた日本GR協会の2020年の集大成となる企画「日本GRサミット2020」はいよいよ今月。テーマは「GRとデジタル化社会 〜進むDX。官民連携2.0の夜明け 〜」です!

日本GRサミット2020「GRとデジタル化社会 〜進むDX。官民連携2.0の夜明け 〜」

今年はコロナ禍の影響もあり、中央・地方ともに、行政のあり方に大きな注目が集まった1年でした。さらにはDX化の推進やデジタル庁発足に向けた動きなど、テクノロジーの活用が大きな流れとなってきています。

当日は、「広島県DX推進コミュニティ」を創設した広島県・湯崎 英彦 知事をメインゲストにお迎えするとともに、平井 卓也 デジタル改革担当大臣からのオープニングメッセージでビデオ登壇も!

その他にも、行政の現場を理解し、民間のビジネス環境を把握しながら課題解決にあたるプレーヤーに多数登壇いただき、具体的なメソッドを学んでいただく機会にできればと思います!

無料・オンライン開催ですので、ご興味をお持ちいただける方は以下からお申し込みくださいませ!
https://gr-summit-2020.peatix.com/

【日本GRサミット2020】GRとデジタル化社会 〜進むDX。官民連携2.0の夜明け〜

  • 日時:2020年12月20日(日) 13時00分〜20時00分
    ※ 一部のみの参加でももちろん構いません。
  • オープニングメッセージ(ビデオ):平井 卓也・デジタル改革担当大臣
  • メインゲスト:広島県・湯崎 英彦 知事
  • モデレーター:日本GR協会 代表理事・吉田 雄人(前 横須賀市長)
  • 他のセッション例:
    ・霞が関が進めるDXと官民連携
    ・GRで変わるベンチャー企業と行政のベンチャーマインド
    ・地方行政・システムベンダーは、DX化をどう実装していくのか
    ・民間企業のテクノロジーで「申請主義」の壁を壊す
    ・官民連携を超えて、公私連携へ
  • 使用ツール:YouTubeによるライブ配信(PCやタブレット、スマートフォンからご参加いただけます)
  • 参加費:無料
  • 詳細・お申し込み:https://gr-summit-2020.peatix.com/
  • ※ 最新情報は上記Peatixページで随時アップデート中です。

登壇者プロフィール

平井 卓也・デジタル改革担当大臣

平井 卓也

1958年香川県生まれ。上智大学卒。株式会社電通、西日本放送社長等を経て、2000年、第42回衆議院選挙で初当選。以来、連続7回当選。自民党政調副会長、国土交通副大臣、内閣常任委員長、自民党IT戦略特命委員会委員長等を歴任。

平成30年第4次安倍改造内閣にてIT政策担当大臣、内閣府特命担当(科学技術・知的財産戦略・クールジャパン戦略・宇宙政策)大臣就任。令和元年10月自民党デジタル社会推進特別委員長に就任。

令和2年菅内閣にてデジタル改革担当大臣、情報通信技術(IT)政策担当大臣、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)就任。

広島県・湯崎 英彦 知事

湯崎 英彦

昭和40年広島県生まれ。平成2年3月東京大学法学部卒業、平成7年6月スタンフォード大学経営学修士。平成2年4月通商産業省(現:経済産業省)に入省、自動車、対米通商、エネルギー、ベンチャー等を担当し、シリコンバレーVCに出向、平成12年3月退官。

(株)アッカ・ネットワークスを設立し、代表取締役副社長。個人向け・法人向け低額/定額ブロードバンド・ラストマイルの普及を通じ、日本のインターネット産業の基盤構築に貢献。平成17年上場、平成20年3月同社退任。

平成21年11月の広島県知事選挙で初当選し、現在三期目。「仕事も暮らしも。欲張りなライフスタイルの実現」を目指した施策を展開中。

(一社)日本GR協会 代表理事・吉田 雄人(前 横須賀市長)

吉田 雄人(前 横須賀市長)

1975年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、アクセンチュア、早稲田大学大学院(政治学修士)、横須賀市議会議員を経て、横須賀市長に33歳で就任(2期8年)。

現在、地域課題解決のためには良質で戦略的な官民連携手法である日本版GR:ガバメント・リレーションズが必要であるという考え方の元、(一社)日本GR協会を設立し代表理事に就任。

そのほかGlocal Government Relationz株式会社代表取締役、NPO法人なんとかなる代表理事、早稲田大学環境総合研究センター招聘研究員等を務めている。

▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP