セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】講演-加藤健さん(文部科学省/港区)「小さなチームで大きな成果を目指す広報・情報発信戦略」「役所に飛び込んで思うこと」

加藤健さん

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は7月20日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。

 自治体広報は限られたリソースで、広報紙からウェブサイト、記者クラブ対応などてんてこ舞いのところもあるかもしれませんが、ベンチャー企業も同様にバタバタしながら日々発信を続けています。
 成長しているベンチャー企業は組織全体で新しい取り組みが非常に多いものの、そこにアサインされる広報担当の人数はあまり多くありません。結果としてベンチャー企業の広報担当者は限られたリソースで効率的・効果的な発信を求められます。
 本セミナーでは民間企業で得た「小さなチームで大きな結果を目指す広報・情報発信戦略」の知見を、現在、文部科学省と港区で活かしている加藤健さんにお話し頂きます。また、文部科学省、港区と国地方両方で仕事をして感じている点についてもあわせてお聞きします!
 発信のスキルは広報担当者以外にも求められる視点です。日々のSNSの発信などにも活用できると思いますので、ぜひぜひ気軽にご参加頂ければと思います!

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

加藤健(かとうたけし)さん

ジャスダック上場の人材紹介(転職支援)会社でWebマーケティング・編集・採用・新規事業立ち上げを経験後、ITベンチャーを経て、ソーシャルメディアを中心としたデジタルマーケティングや経営改革の支援を手がけるコンサルティング会社へ。自動車メーカー、旅行会社、総合スーパー、テレビ・ラジオをはじめ、大手企業を中心にコンサルティングを担当し、戦略立案、改善提案および運用支援などを行う。
民間での経験を行政分野で活かすために転身し、非常勤国家公務員として文部科学省 大臣官房で広報戦略アドバイザーも務めつつ、東京都 港区役所・区長室で広報専門職として週3日働き、国×地方の公務員複業を実践中。
また本業外でもNPO、マーケティング、地域活性、コミュニティデザイン、新しいワークスタイルに関連する講演や執筆を行う。一般社団法人 Work Design Lab 共同創業者・理事。一般社団法人 日本GR協会 事務局長。准認定ファンドレイザー(ACFR=Associate Certified Fundraiser)。社会起業家と革新的な事業に対して資金提供と経営支援を行うNPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)元パートナー。
2017年4月に長男が生まれて一児の父になり、7カ月間の育休(育児休業)を取得しました。新宿区「子ども・子育て会議」委員。2019年末に第二子(次男)が生まれ、2度目の長期育休も。家族留学も積極的に受け入れ中。1983年生まれ。2006年SFC卒。

当日のプログラム

時間 内容
21:00~22:00 講演-「小さなチームで大きな成果を目指す広報・情報発信戦略」「役所に飛び込んで思うこと」
22:00~22:30 交流会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2021年7月20日(火)21:00〜22:30
場所:オンライン(Zoom利用)
参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP