オリジナル記事

現役公務員が語る自治体DX最前線!無料セミナー2本のご案内

DXセミナー

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

新型コロナで一気にデジタルシフトの必要性が高まった行政。総務省専門委員会の議論を見ていると、2021年は自治体にとってDX元年になりそうです。

そこで、今回は自治体DXに関する2本のセミナーのご案内です。

まず、一つは株式会社Public dots & Company主催、楽天コミュニケーションズ共催の「キーパーソンが語る自治体DX最前線」。9/29に開催する本セミナーは、全国に先駆けて、いち早く自治体DXに取り組んでいる愛媛県と三重県が登壇します。

三重県は今年2月、デジタルシフトを意識し、時代の変化を捉えた職員の働き方改革と県民サービスの向上を目的とした「スマート宣言」を発表。愛媛県は今年7月、愛媛県デジタル総合戦略の策定に着手したところです。

本セミナーは、三重県、愛媛県の自治体DXを牽引するキーパーソンとともに、自治体にとってのデジタルシフトとは何か、全国に先駆けて着手しているからこそ見えている風景などをお届けします。

開催概要

  • タイトル:キーパーソンが語る自治体DX最前線
  • 開催日:9月29日 16:00-17:30
  • 登壇者:横山啓氏(三重県スマート改革推進課課長)、森俊人氏(愛媛県デジタル戦略室担当係長)
  • 開催方法:オンライン・参加無料
    ※配信はZoomを予定しております。事前登録いただくと配信URLを当日、お送りいたします。
  • 主催:株式会社Public dots & Company
  • 参加費:無料(事前申し込み制)
  • 申し込みはこちら → https://localgovdx.peatix.com/

 

2つ目の無料セミナーは、株式会社メタップスが主催する、地方創生に向けたDX化『官民共創によるニューノーマルへの挑戦』。株式会社Public dots & Company、野村総合研究所未来創発センター、SDGs Innovation HUBの協力の下、「官民共創によるニューノーマルへの挑戦」をテーマに、「官民共創による地方創生のカタチ」「DX(デジタル)化の重要性」、「官民共創における人材像」などを議論していきます。

 

開催概要

  • タイトル:地方創生に向けたDX化『官民共創によるニューノーマルへの挑戦』
  • 開催日:9月15日 16:00-17:30
  • 登壇者:桐明祐治氏(和歌山県 企画部企画政策局情報政策課長)ほか
  • 開催方法:完全オンライン・参加無料
     ※配信:YouTube Live。
  • 主催:株式会社メタップス
  • 協力:株式会社Public dots & Company、野村総合研究所未来創発センター、SDGs Innovation HUB
  • 参加費:無料(事前申し込み制)
  • 申し込みはこちら → https://metapsdm-dx.peatix.com/

▼「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP