セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】越境交流会vol.2-「地方公務員アワード」を一緒に創りませんか?

越境交流会Vol2top

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は3月9日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。
 今年のサロンは『越境』『実プロジェクト』を大切にしていきたいと思っています。
 そこで、今回は3月9日サンキューの日に、「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2022」を、運営チームとして一緒に創ってくれる皆さんに協力を仰ぐべく、アワードの変遷を深掘りしてお伝えできればと思っています。
 運営チームを募集するのに際して、今までお話したことのない運営面に光を当てて今に至るのか、お恥ずかしい失敗も含めてお伝えしたいと思います。

 なお、地方公務員アワードは2017年に生まれ、受賞者に突然レターパックライトで記念品の盾を送りつけた事が起源と言われています。以来、賞状も記念品に加わったり、リアルの場で表彰式が開催されたり、有名団体の協賛/後援を得たりするなど、胡散臭さをごまかしながら5年間、毎年開催されてきました。

 同アワードでは、受賞者に喜んでもらったり、モチベーションを上げてもらったり、加えて行政界隈以外の人にも素敵な公務員像を伝え、受賞者や公務員全体の社会的価値を理解してもらいたいと考えています。微力ではありますが、公務員が成果を上げやすい環境が生まれることを目指しています。
 一方で課題も沢山あります。公務員の皆さんだから思いつく素敵な企画や、より多くの方に推薦をもらえ、より多くのメディアに報道されるような働きかけもあるように思っています。

 そして、新しい挑戦もあります。丁度1年ほど前にサロンの皆さんにご相談した「自治体業務マニュアルアワード」を開催したいと思っています。これらの取組みを、地方公務員や地方自治体、さらには社会全体にプラスになるようなよりよいモノに出来たらと思っております。

 まずは、本セミナーで地方公務員アワードの歴史や裏話をお聴きいただいて、もしご協力頂ける場合は、一緒に地方公務員アワードを創ってもらえたら嬉しく思っています。

<当日のお話>
・地方公務員アワードの目的/歴史/背景
・地方公務員アワードの施策
・地方公務員アワードの裏話
・有志チームの募集

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

当日のプログラム

時間 内容
21:00~21:30 説明「地方公務員アワードの歴史と裏話」
21:30~22:30 アワードの意見交換会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2022年3月9日(水)21:00〜22:30
場所:オンライン(Zoom利用)
参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP