セミナー・イベント

【公務員におすすめのイベント】講演- 坂本勝敏さん(大和市)「自主研運営の秘訣~立ち上げから継続まで」

坂本勝敏

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

 本日は1月28日に行われる地方公務員オンラインサロン開催のイベントの紹介です。
 自主研を立ち上げたい人、既に自主研の運営をしている人のご参加をお待ちしております。
 本セミナーではMr.自主研こと大和市の坂本勝敏さんに自主研運営のノウハウを共有いただけます。
 サロンには既に自主研を運営されている方も多数いらっしゃいますが、運営を続けるうちに様々な課題にぶつかっていくと思います。そんな課題を皆さんと共有しながら、全国各地で質の高い自主研が継続されていけたら嬉しいです。
 また自主研を新しく立ち上げたいという方がいたら、サロンで、全力でサポートしたいと思いますので、ぜひお気軽に仰っていただけたら幸いです。講師の坂本さんもホルグと一緒にお手伝いしてくださるそうですので是非このチャンスをご活用ください!

<当日お聞きすること>
・自主研の立ち上げ方
・自主研運営の課題とコツ
など

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

登壇者

坂本勝敏さん(大和市)

1999年14月 神奈川県大和市役所 入庁
企画渉外部 財政課 財政担当 配属

・1年目から予算編成で各部予算の担当を受け持つ。
・2、3年目、決算統計、地方債、地方交付税の各事務を担う。
・4~6年目、庁内の財務会計システムの更新にかかるプロジェクトの主担当。
2005年14月 健康福祉部 障害福祉課 自立支援担当 配属
・身体障害者、知的障害者を対象としたケースワーカー。
・9月頃から、障害者自立支援法の法改正移行事務を担当。
2006年14月 同課 障害福祉担当 配属
・地域生活支援事業の事業化、サービス給付にかかる支給決定基準を制定。
2007年14月 同課 自立支援担当 配属
・身体障害者、知的障害者を対象としたケースワーカー。
・相談支援事業の事業化、障害者自立支援協議会の立ち上げ。
2008年14月 教育部 教育総務課 総務調整担当 配属(2010年4月から主査)
・1年目、教育委員会内事務局内の人事事務を担当。
・部内各課でバラバラに管理していた非常勤職員の管理事務を統一化
・割愛採用される教員の給与決定の仕組みを見直し、制度化
・2~4年目、教育委員会会議の運営事務や部内調整事務担当。
・4年目、教育研究所が所掌する「学校教育基本計画」の策定事務も担う
2012年14月 こども部 保育家庭課 家庭こども相談担当 配属(庁内FA制度を利用)
2015年から組織改正により、すくすく子育て課

・市の児童虐待通告機関として、虐待相談への対応。
・相談機関として対応する相談員等(非常勤職員)の管理および指導等
・相談記録や台帳の整備、内部会議のあり方等担当内事務を刷新。
2016年14月 同担当 係長
・医療(市立病院)、教育(教育委員会)、保健(母子保健)、福祉(家庭こども相談担当)が連携し、「いのちの大切さ」を学ぶため専門職の小学校派遣事業を事業化
・全小学校・中学を対象とした、性的虐待に関する啓発研修を事業化
2019年14月 病院事務局・経営戦略室 経営戦略係長
・病院経営計画を策定。経営視点での目標管理手法BSCの導入。

活動等報告① 自主研活動

2010年18月 K33ネットワーク(神奈川自治政策研究会)に入会
・県内の若手自治体職員による自主研究グループ
2012年10月 大和市自主学習グループY-G設立。
2014年11月 第1回関東自主研サミット開催(以降、第6回まで開催)

・関東1都6県の自治体で自主研等の活動をしている者が集い、活動の活性化をはかるもの
2015年10月 第1回全国自主研祭り開催(以降、第3回まで開催)
・10月第3水曜日を「自主研の日」と定め、その前後で自主研活動をし、Facebookで共有
2018年12月 第1回全国自治体職員ネットワークサミット開催
・全国の自治体で自主研等の活動をしている者が集い、活動の活性化をはかるもの

当日のプログラム

時間 内容
21:00~22:00 講演パート
22:00~22:30 交流会(オンライン飲み会)

開催概要

日時:2022年1月28日(金)21:00〜22:30
場所:オンライン(Zoom利用)
参加資格:株式会社ホルグが運営する「地方公務員オンラインサロン会員」であること

本イベントに参加するには「地方公務員オンラインサロン」のお申し込みが必要です。
▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP