オリジナル記事

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中

(PR)=学びと人脈が自宅で手に入る。全国で300名以上が参加する、地方公務員オンラインサロンの詳細はコチラ

(文= 一般社団法人 日本GR協会 事務局長・加藤たけし)

良質で戦略的な官民連携の手法を学びたい公務員におすすめ

5月から第8期がスタートする「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が受講生を募集しています。前横須賀市長であり、地方公務員オンラインサロンのアドバイザーも務める吉田雄人がゼミ長として取り組む人材育成ゼミです。

このゼミは学生、自治体職員、民間人に広く門戸を開き、良質な官民連携の実現を目指しています。ゼミ生が、肩書きや立場を脱ぎ捨てて、日頃の想いを形にするための挑戦ができ、つねに前向きな姿勢で取り組み周囲に感謝できる、そんな場にしたいと考えています。

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中1

ゼミの概要や雰囲気はnoteでも定期的にお届けしておりますが、より詳細に知っていただくために、3月25日(木)20時〜21時に募集説明会をオンラインで開催します

ゼミ長・吉田雄人(前横須賀市長)が疑問や質問になんでもお答えますので、ぜひご参加ください。
※ 申し込みは下記のグーグルフォームからお願いします。
https://forms.gle/kWnArHy8HQvVeu3E9

そして、説明会はもちろん、ゼミ自体も地方参加(オンライン)は可能ですので、詳細は以下をご覧いただき、ご検討ください!
https://graj.org/seminar/

GR人材育成ゼミ(通称:GRゼミ、吉田雄人ゼミ)とは?

「地域課題を解決するためのGRという手法を身につけた人材の育成を行うゼミ」です。

まず、そもそも「GR」とは? ですが、これはGovernment Relationsの略語で、地域課題解決のための良質で戦略的な官民連携の手法です。

『課題先進国』と呼ばれるようになった日本。その地域課題を解決していくためには、昔ながらの護送船団方式や官製談合とは一線を画した、良質で戦略的な官民連携が欠かせません。
財源も人材もノウハウも持たない行政では解決できない問題でも、民間のサービスやソリューションやプロダクトがあれば解決できることもあるはず。
そのためにもGRという手法を用いて、行政と民間を橋渡し・通訳することが必要です。

この想いのもとに「課題を感じた時、官民の垣根を超えて、誰もがその課題解決にあたることのできる社会」をビジョンとして掲げ、人材を育て、コミュニティを形成し、将来的に課題解決のためのプラットフォームになることを目的として活動しています。

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中2

こんな人にオススメ!

・世の中の役に立つ人になりたいと思っている人
・新しい「何か」に取り組みたいと思っている会社員
・具体的な地域課題に取り組んでいるNPO職員
・官民連携を仕事の軸にしている社会起業家
・課題の最前線の現場を肌で感じたい学生
・現場で頑張っているけど壁を突破しきれない公務員
・議員として活動のフィールドを広げたいと思っている政治家
・いつか政治家になりたいと思っている人
・世代、職業を超えたかけがえのないコミュニティが欲しいと思っている人

こんな風に学べます!

吉田雄人ゼミは毎週火曜日19時〜21時(その後簡単な懇親会)に集まって、様々な地域課題に取り組みます。大まかなカリキュラムは下記のように進みます。

・第1週:現場の第一線で活躍する方に講義と課題提起をしていただく。
・第2週:上記の課題についてグループワークを行い、次週のプレゼン準備をする。
・第3週:グループで上記の課題解決方法についてプレゼンを行い、講評を受ける。
・第4週:パターンランゲージのメソッドなどを用いて、振り返りを行う。

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中3

こんなことが学べます!

現在までのところで決まっている講義内容は下記の通りです。

・人口減少を迎えた地域社会が生き残る方法(講師:藻谷浩介さん)
・若者の自殺を防ぐ方法について
・人口減少社会における観光事業の位置付け
・自宅で人生の最期を迎える「看取り」を可能にする体制について

ちなみに、これまでの活動の中では、下記のような課題についても議論してきました。

■ワークライフバランスと少子化対策
■東日本大震災を振り返り、復興支援を考える
■日本の農業の活性化
■介護支援専門員のあるべき姿
■オーバーツーリズムをどう考えるか
■メンタルヘルスと地域
■エビデンスに基づく医療政策・教育政策

いずれも、「どう『自分ごと化』するか」、「どう巻き込むか」、「どう成果を出せばいいか」ということを、現場の第一線で活躍している方々を講師にお招きして、ゼミ生同士で深め合っていきます。

また地域課題解決のメソッドとして「パターンランゲージ」の活用を中心に学んでいきます。
経験の中で語られてきたものを、言語化して他人と共有していくプロセスを大事にして、ゼミのコミュニティーを活性化させていきます。

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中4

地方参加を希望の方へ

東京一極集中が続く一つの理由として、地方には良質なコンテンツに触れる機会が少ないから、という議論があります。
GR人材育成ゼミとしても、ここに課題意識を感じ、オンラインによる参加枠を作りました。
けれどもコミュニティ形成にはリアルな対面も必須という考えも一方で持っています。
そこで「1期に複数回のオンサイト参加」を義務付けて、募集をしたいと考えています。
ぜひ、地方在住の皆さんも奮ってご応募ください。

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中5

活動スケジュール

日程:
5月11日から9月28日まで(コロナの状況によっては後ろ倒しを検討します)
毎週火曜日19:00〜21:00(その後缶ビールで懇親会(※会費1000円))

場所:
田町駅から徒歩5分
(東京に緊急事態宣言が発出されている場合などはオンライン開催します)

地方参加(オンライン)も可能! 地域課題解決のための「GR人材育成ゼミ(通称:吉田雄人ゼミ)」が第8期生を募集中6

第8期募集要項

入学金
社会人:5万円(税別)、学生:無料

受講料(税別)
社会人:月額4万円、学生:月額1万円、地方参加:月額3万円
(入学金・受講料5ヶ月分を一括で請求します)

募集定員:
15名程度

応募資格:
18歳以上

応募締切:
4月12日(月)到着

応募方法:
以下の募集用メールアドレスまで、下記2つの資料を送付してください。
また、地方参加希望の場合は、メールの本文にその旨を記載してください。
【1】住所・生年月日・学歴・職務経歴などがわかる簡易履歴書(自由形式)
【2】「自分が向き合いたい地域課題」(エッセー:800文字程度)  

選考方法:
書類選考ののちオンラインによる面接試験

合否発表:
4月中旬〜下旬

募集用メールアドレス:
[email protected]
(お問い合わせもこちらまで)

募集用URL:
https://graj.org/seminar/

▼地方公務員オンラインサロンのお申し込みはコチラから。
https://camp-fire.jp/projects/view/111482
全国で300名以上が参加。自宅参加OK、月に複数回のウェブセミナーを受けられます

▼「HOLGファンクラブ」のお申し込みはコチラから
https://camp-fire.jp/projects/view/111465
・月額500円から、地方公務員や地方自治体を支援することが可能です

※facebookとTwitterでHOLG.jpの更新情報を受け取れます。

 

ネイティブアド



TOP