自治体勉強資料

資料:和光市の公会計制度について ~新公会計対応の新機軸「予算仕訳」と 地方公会計標準ソフトウェアを活用した「固定資産台帳の正本化」~

勉強会資料用

公会計の先進的な事例を進めた和光市の取組に関する資料。

前回資料からアップデートされています。

 

■山本享兵氏のインタビューはコチラ
公認会計士が自治体職員として成果を上げるということ

【山本享兵氏の経歴】
2015年10月から、埼玉県和光市役所企画部財政課副主幹として3年間の特定任期付職員として勤務。大学卒業後、公認会計士試験に合格した後、2005年から有限責任監査法人トーマツにて従事。官公庁をサービスの対象とするパブリックセクター部に所属し、自治体の公会計に関わる。認定ファシリティマネジャーの資格も持つ。
頁トップへ